ぴりかのんのが洗顔石鹸・石鹸にこだわる訳について。石けんは細菌だらけと捉える人もたくさんいますが実際そのようなことはありません。環境にも優しいメリットがあります。

ぴりかのんのが洗顔石鹸・石鹸にこだわる訳

ボディソープは、せっけんよりも使いやすくて汚れにくいかもしれませんが、
環境にはプラス効果よりもマイナス効果の方が大きいとされる場合があります。

石けんは洗浄中に細菌が移ることがなく、より多くの持続的な効果を残します。
石けんは体に直接かつ繰り返し触れるため、細菌だらけと捉える人もたくさんいますが、
実際そのようなことはありません。

研究では、石鹸に付着した細菌は、手を洗うまたはその他の状況でも、肌に移らないことが示されています。

せっけん利点
保存料なし、ボトル不要、エネルギー削減

ボディソープや液体ハンドソープには多くの水分が含まれており、正しく保管するには保存料も含ませる必要があります。すべての保存料が体に悪いとされるわけではありませんが、肌を洗う際のメリットがありません。
しかし石けんは、安全かつ効率よく洗う際には保存料を必要としません。

石けんが環境にプラスとされる他のメリットには、ボトルを必要としない点があります。
ボディソープや液体ハンドソープはプラスチックボトルに入れられているだけでなく、製品によってはプラスチックポンプが付いてきます。

一部の統計では、アメリカだけでも毎年約2億7000万個のプラスチック製の石けんボトル、あるいはボディソープボトルを使い切ることが示されています。また石けんボトルより重いため、運搬の際にはより多くのエネルギーが必要とされます。
そしてボトル内の液体はより早くなくなるため、消費者が次のボトルを買う頻度が増えます。石けんの平均的なカーボンフットプリントは、液体ソープよりも約25%少ないとされています。

せっけん利点
環境影響:より少ない水の量

石けんとボディソープ・液体ソープには、含まれる水の量に大きな違いがあります。
液体ソープの場合、消費者は主成分の水のために大半のお金を費やしています。
その一方で、石けんにはほとんど水が含まれていません。
その代わり、肌に潤いを与えて柔らかくする、たくさんの油やバターが含まれています。

これを理由に消費者は、石けん内の実際に効果をもたらす成分から、支払った分に見合うほどの価値を得ています。石けんの製造ではあまり水を必要としない代わりに、手を洗う際にはより多くの水を利用できます。

一般的に石けんは、液体ソープよりも環境に与えるマイナス効果が少ないとされています。また、より少ないエネルギーを利用します。これを理由に大半の消費者には、体を洗う習慣を変えるようにすすめられています。

石けんは古くさいかもしれませんが、より多くのメリットをもたらす場合があります。

商品一覧はこちら>>
6千円以上のご購入で送料無料
6千円以上のご購入で送料無料 送料無料